プライベート

【腱鞘炎】手首が痛い。それでも翻訳とブログを続ける【対処法】

パソコンと携帯での仕事が中心だから手首が痛い…

手首の痛みは、パソコンを多用している社会人や、ブロガーの共通の悩みではないでしょうか?

パソコンの作業が必須な翻訳ブログの世界にいる私も、手首の痛みと日々戦っています。

だって、手首が痛いからって作業を完全に止めるわけにはいかないでしょ?

この記事では、できるだけ手首が痛くならないように私が工夫していることと、手首に違和感を感じたときの対処法を紹介します。

マウスと掃除機は左手

右利きですが

マウスは左手

マウスの設定も、左手用に右側を普通のクリック・左側を右クリックの設定に変えています。

Windows10なら、【コントロールパネル】>【マウス】の「主に使用するボタン」で通常「左」になっている設定を「右」に変更すると左手仕様になります。

携帯を右手で使うので、私は右手から痛くなります

放置すると左手も痛くなりますが、まずは右手の負荷を軽減させることを意識して、掃除機とクイックルワイパーは左手で扱うようにしています。

使用頻度が多い分、この2つを左手にするだけで、右手への負荷が軽減されている気がします。

キーボードは高級品

作業環境を改善するなら

東プレのキーボード

翻訳が本業なら、高スペックなデスクトップパソコンは必須。

(分野によっては、ノートパソコンでも対応可能?)

ブログだけならノートパソコンを使っている方も多いと思いますが、デスクトップを使っているなら、キーボードに気を使った方がいいと思います!

翻訳者の多くが愛用しているのは東プレのキーボード。(※私調べ)

東プレは国産高級キーボードの会社です。

1文字●円で仕事をしている翻訳者など、キーボードへのこだわりが強い人たちが愛用しています。

値段が安くても1万5千円を超えてくるので、キーボードの中ではかなり高級。

でも、手首のことを考えたら、キーボードはケチるところではない

モニターを節約して、キーボードを東プレにしたよ

試し打ちしたかったけど、店舗に行くまでの交通費だけで安価のキーボードなら数個買えるので、YouTubeで軽く下調べして、アマゾンでポチリました。

3点セットで最強装備

ちょっとでも違和感を感じたら

ピップエレキバン

湿布

サポーター

ピップエレキバンに効果があるのかは不明。

湿布はひんやりスースー気持ちいい。

サポーターは、湿布がぺろっとはがれるのも防げて、サポートされている感もあって必須

バンテリンのサポーターはSとLの2サイズあって、私はSを愛用しています。

ババ臭いとか言ってられない

手首の限界を知ろう

自分の限界を知るのが大事

翻訳とブログ12時間×無休×1ヵ月半で私の両手は限界だった。10時間なら毎日作業しても大丈夫そう!

いくら良いキーボードを使っても、湿布を貼っても、痛いときは痛い。

そういう時って、休むしかない

たまに鎮痛剤も飲んでいますが、痛み止めに依存するのは避けたいです。

私は、右手首だけが痛くなったら、キーボードと携帯を触る時間を減らして、左手のマウス操作だけでできる作業を優先させています。

痛みだすと作業効率も悪くなるので、適度に休むのが大事だと思っています。

以上、私が行っている腱鞘炎への対処法でした。

オススメの予防策などあれば、インスタツイッターで教えてください!

【運動不足】在宅ワークするならホームジム【コロナ太り】コロナの影響で家で仕事をしているけど、ジムも閉まってて運動不足?それなら自宅で筋トレしませんか。筋トレ部屋にあるお気に入りのヨガタオル・ダンベルだけでなく、トレーニングの動画も掲載しているので、要チェック!...