プライベート

【お墓掃除】墓石はスポンジで四十九日・お盆・お彼岸前に洗おう

お墓参りの際に、墓石を掃除していますか?

お盆やお彼岸の時期は、お墓参りに行く方も多いはず。そんな時に持参したい、我が家で愛用している墓石掃除用のスポンジを紹介します。

この記事の概要

お墓掃除のタイミング

  • 納骨/四十九日の前
  • 春と秋のお彼岸(春分の日3月20日頃・秋分の日9月23日頃)
  • お盆(8月13~15日)
  • 月命日
  • 一周忌の前
  • 三回忌の前

納骨前は、バタバタしてしまうので、なかなか丁寧に掃除はできませんが、少し早めに到着してキレイにしておきたいです。

実は、しばらく葬儀がなかった我が家では、納骨の時だけでなく、四十九日の時も、お墓がコケだらけで恥ずかしい思いをしました。

誰も「汚いお墓ね」なんて言いませんが…お坊さんや親せきが集まる前の10分程度お掃除するだけで、気持ちよくお墓参りができると思います。

特に、墓石の前にくぼみ(水受け)があるお墓は、ご先祖様がキレイなお水を飲めるように、そこだけでもキレイにしておきたいですね。

墓石のコケがとれるスポンジ

四十九日を迎えるまで、荒れ果てた状態だった我が家のお墓も、今ではすっかりキレイになりました。

1度目の掃除では、普通のタワシでゴシゴシしていましたが、なかなかキレイにならない。

そこで、購入したのが「石職人

2度目の掃除で使ったところ、墓石を新しくしたのでは!?と思えるくらいキレイになりました。

我が家のように、何十年もメンテナンスができていなかったお墓がある方、お墓参りの際には、お線香だけでなく、石職人とビニール袋を持っていきましょう!

※濡らして使うので、スポンジを持ち帰る際にコンビニ袋などのビニール袋が必要になります。

洗剤などは不要で、水につけてこするだけで、見違えるほどになりますよ。