SORRY:リニューアル中。表示が乱れています。

TOEIC900を目指す英語学習者は必読!【文法書とテクニック本】

TOEIC900を超えるまでの過程に「読んでよかった!」と思う本を3冊を紹介します。

TOEIC900を目指す英語学習者におすすめの本3選
目次

徹底例解ロイヤル英文法

これほど頼れる英文法書は無いと感じています。

TOEICの問題を解いて、解説を読んでもよくわからないと感じた時、本書を開けば、ほぼすべての疑問は解決。

一番おすすめの使い方は、最初から最後まで読書のように通して読む!

一気に英文法への理解が深まります。

TOEIC800くらいになってくると文法書は、『Grammar in Use』を使うことを検討しはじめるかもしれません。

でも、日本人向けに、日本語で丁寧に説明が書いてある文法書の方が圧倒的に勉強しやすいし、効率も良い。

私はTOEIC955を取得してからも、文法に悩んだら、まず『ロイヤル英文法』を開きます。

『Grammar in Use』自体は、良い本だと思います。図書館で借りて、さらっと目を通しただけでガッツリ使ったことはないです。

TOEIC(R)テスト Part 5 できる人、できない人の頭の中

テクニックとしてかなり有益な情報が満載でした。

英語を学ぶ本ではなく、TOEICの解き方を学ぶ本です。

パート5をどう勉強していくかというヒントを得ることもできました。

即効性を求めている方は一度、目を通してみるといいと思います。

小説と同じ感覚で読めるよ。さらっと読めるから1~2日で読破した記憶があります。

Kindle Unlimited 読み放題対象!

なるほど! 合格勉強術

英検1級に落ちたショックから立ち直れなかったときに、書店で目が合った。

こんなにも共感できる本があっただろうか。

本書には、50項目の勉強術が書いてあるリストが用意されていて、「自分の目標を書いて、壁に貼るように!」という指示があります。

英検1級合格と書いた目標は達成!

「勉強術を学んだ」というよりも、勉強を継続するモチベーションを保つために、リストは何度も読み返しました。

Amazon商品ページの「試し読み」から無料でリストが閲覧できます。

TOEICや資格の目標がある方は、ぜひ一読してほしい!

特に共感した項目
  • 3秒あれば勉強できる。いつでもどこでも勉強しろ!
  • 慣れが理解を助ける。「わかる」の前にまず「なじむ」!
  • 覚えるために「忘れる」ことは必要。忘れたらまた覚えろ!

おわりに

本記事では、TOEIC900を目指す人に一読してほしい!おすすめの教材と勉強術の本を紹介しました。

TOEIC対策の参考になれば幸いです!

目次
閉じる