SORRY:リニューアル中。表示が乱れています。

【英検1級対策】長文問題おすすめ勉強方法

Shokoのアイコン画像Shoko

長文の大問3は10問全問正解して英検1級に合格したので、自信を持って勉強方法を紹介します

目次

ひたすら過去問を解く

参考書は使わずに、旺文社の過去問を解きましょう。

何年さかのぼもってもいいと思います。

私は「7日完成」タイプの参考書を使ったことがありますが、なんとなく違う気がしました。

大学受験の際に、A大学の英文科が第一志望であればA大学の赤本を使って「英文科」に入学できるように勉強しますよね?

参考書を使うというのは、ここでB大学の赤本やA大学の「異文化コミュニケーション学科」の過去問を解いているような感じだと思います。 (無駄ではないけど、ちょっと違う)

英検1級の長文問題は、過去問に勝る教材は無いと思います。

過去問を何度も解くと、「なんとなくこの辺に答えが書いてる」「よくわからないけど、この前置詞があるから多分答えはこれ」という感覚で正解できるようになっていきます。

にゃんこのアイコン画像にゃんこ

それは本当の英語力ではない

Shokoのアイコン画像Shoko

私もそう思ってたよ。でも、本当の英語力って何?

英検2級の過去問を使う

英検2級の長文問題を小学生に解説するフリをしてみてください。

仕事で英検の解説をしていて、1級も2級も同じ辺りに答えが書いてあると気づきました。

2級の過去問を解いて、この文章があるから、答えはこれという文章に下線を引いてみてください。「問2は大体いつも●段落目のこの辺に答えが書いてある」みたいな感覚が掴めます。

また、「でも」「しかし」という単語があるから答えはこれという感覚も、かなり共通していると思いました。

脳内小学生に「この単語があるから、選択肢のこれは違うよね」「この単語があるから、この2択ならこっちが正解だよね」と、まずは2級の問題を解説してみてください。

「1級は単語が難しくて、内容がわからないから解けない」ではなく「単語が難しいだけで、解き方は2級と同じだから選択できる」と思えた時から、私は正答率が上がりました。

まずは、英検公式サイトで無料公開されている直近の過去問3回分を使用するのがオススメです。(公式サイトの英検2級対策ページはこちら

3回分では足りない方や、うまく解説できないと感じた方は、公式の過去問を購入してみてください。

英検1級の読解対策問題集よりも、英検2級の過去問を使って解き方のテクニックを身に着けてしまう方が、即効性があると思います。

Shokoのアイコン画像Shoko

長文対策は過去問しか使わなかったよ

語彙力が足りていない場合の対処法

知らない単語が出てきても、その意味を予測するか、その単語を無視して読解問題を解くことが大切だと思います。

(微生物の名前や、他国の過去の政党の名前まで覚えていたらキリがないです)

そのためにも、過去問をひたすら解いて、カンを養うことは必須だと思います。

とは言え、頻出単語は覚えたいですよね。

語彙力が無いことが一番のコンプレックスなので、私が単語帳のおすすめをしていいのか謎ですが、長文対策であれば文単が良かったと思います。

分野ごとに単語がまとまって記載されているので、「単語の雰囲気」を広く浅く覚えられた気がします。

おそらく、語彙問題は壊滅的な一方で、長文の正答率が高かった理由はこの「なんとなく雰囲気だけは覚えている単語」が多かったからだと思います。

(逆に「なんとなく」では語彙問題で点数を稼ぐことはできません)

また、キクタンやパス単のチャンツや1文だけの音源より、まとまった文章を聞き流した方が単語のイメージをなんとなく覚えられたと思います。

おわりに

この記事では、英検1級の長文問題おすすめ勉強方法を紹介しました。

目次
閉じる