TED・YouTube

【TED Talks】視野を広げる!グローバル人材になりたいなら必見の動画【8選】

TED talks - global

あなたは世界中の人種差別や貧富の差について、どのくらい知っていますか?

観光地だけ旅して「世界」を見た気になっていませんか?

日本人の私たちが現地へ行って見る世界は、あくまでも日本人だから見れる(体感する)世界

逆に、日本から出なくても、世界中の問題を知ることはできる。

海外の生活について知りたい、海外の人が抱えている問題について一緒に考えていきたい…そう思う方は、TED Talks (テッドトーク)で教養を深めませんか。

グローバル人材になるには、英語力だけでなく、異文化への理解も大切ですよ。

英語学習の一部としてTEDトークを視聴すること約10年。

この記事では、これから留学や、駐在・海外出張を控えている方はもちろん、視野を広げたいと思う方におすすめのTEDトークを紹介します。

1. Michael Rain: What it’s like to be the child of immigrants

移民の子供の気持ち(マイケル・レイン)

このトークでは、移民に対する誤解や移民の限られた体験談を解き、彼らが属する世界の物語を共有します。

TED Talks > Detail (About the talk/日本語訳)

【再生時間:7分53秒】

上級管理職に昇進する可能性が最も低いのは、誰だと思いますか?

黒人男性でもなく、ラテン系の女性でもありません。

人種差別が他人事だと思っている日本人、必見です。

2. Ashweetha Shetty: How education helped me rewrite my life

私の人生を変えてくれた教育の力(アシュウィーサ・シェティ)

インドの田舎の貧しい家庭に生まれたシェティは、コミュニティの規範に屈して夢をあきらめたり、意見を押し殺したりはしませんでした。個人の経験に基づくトークの中で、彼女が教育を通じて、どのように自分の存在価値を見つけ出したのかを共有します。

TED Talks > Detail (About the talk/日本語訳)

【再生時間:10分34秒】

「グループワークをする際に、インド人の田舎出身の私とは一緒に組みたくないという同級生がいて…」という発言があります。

これは、日本人が少ない環境に身を置いたことがあったり、グループの中で自分だけ何かが違う、という経験をしたことがある方は共感するのでは?

「自分には価値がない」「女子は大抵、無価値」と思っていた彼女が、自分の存在価値を見つけるまでのストーリーです。

1 2 3