【はじめてガイド】オーディオブックとは?2012年から「聴く読書」をしている私が本の聴き方や人気サービスを紹介

オーディオブックは、本の朗読を聴いて楽しむ読書

読む読書と違い、「聴く読書」は両手が自由に使え、目を閉じていても楽しめるのが特徴です。

そんなオーディオブックをこれから日々の暮らしに取り入れていく人のために、オーディオブックの聴き方やサービスを紹介します。

筆者:Shoko

TOEICリスニング満点・英検1級の元英会話講師。2012年からAmazonのを愛用。聴いてきた英語のオーディオブックは100冊以上。

もくじ

オーディオブックとは

20年ほど前はCDやカセットテープに録音されていた「本の朗読」

現在はスマホやパソコンで音声をダウンロードできる形となり「オーディオブック」と呼ばれています。

アメリカで大人気のオーディオブックですが、2015年にAmazonのAudible(オーディブル)が日本でサービスを開始してから、国内での需要も高まってきました。

著者本人や俳優が映画の原作を朗読するなど、近年は本の内容だけでなく朗読者の声を楽しむ傾向があります。

大人の「聴く読書」だけではなく、子供への「読み聞かせ」としてプロによる絵本の朗読を英語教育に利用する人も増えています。

日本ではまだ知名度も定着度も少ない印象ですが、海外では何年も前からその魅力が注目されています。

オーディオブックがおすすめな人

  • 本を読みたいけど、読書をする時間がない人
  • 読書を習慣化したいけど、どうしたらいいかわからない人
  • 知識の定着・スキルUPのために、特定の本を何度も繰り返し読みたい人(マインドセット)
  • 楽しみながら英語を勉強したい人

英語学習に洋書のオーディオブックがおすすめ

大前提として、英語を聴かないことにはリスニング力は上がりません。

オーディオブックなら何度も聴く・活字も見る・シャドーイングするなど、洋書を楽しみながら様々なアプローチで英語学習できます。

また、スキマ時間に「ながら読書」ができるオーディオブックなら、どんなに多忙な人でも洋書を楽しみながらリスニング力を強化することができるので、自分に「時間がないから英語の勉強ができない」と言い訳ができなくまっておすすめです。(歯磨き中やSNSをチェックしながら洋書が聴けない理由はありませんよね)

英語の多聴を毎日継続することで自分に自信も付くので、「がっつり勉強したいわけではないけど、日々の生活に英語を取り入れたい…」そんな想いがある方にも洋書の聞き流しがおすすめです。

オーディオブックは、どのサービスで聴くのがいい?

国内のオーディオブック配信サービス比較表

サービス作品数洋書会員プラン特徴
40万1,500円/月世界10ヵ国で展開しているサービス。何百人もの会員が1年間ダウンロードするコンテンツ量は40億時間。みんなが愛用している圧倒的な人気サービス
3万750円/月~「和書を数冊だけ聴いてみたい」と思っているオーディオブック初心者さんは750円の聴き放題対象作品だけでも満喫できる
kikubon0.05万×0円~取り扱い冊数が非常に少ない。古典系の名作は無料で聴ける
himaraya1万×750円/月ポッドキャストなどをすでに聴いている人が同じアプリでオーディオブックを聴くのに便利。コンテンツはから提供されている。
2021年3月15日時点

【人気サービスを比較】オトバンクのAudiobook.jpとAmazonのAudible(オーディブル)

オトバンクのAudiobook.jpとAmazonのAudible(オーディブル)

日本で人気なオーディオブックの配信サービスは、オトバンクのとAmazonのの2つ。

安く日本語の本を聴くならオトバンクのAudiobook.jp

安く日本語のオーディオブックを聴きたい方におすすめなのは月額750円で聴き放題のサービスを提供しているオトバンクのです。

以下、2021年3月15日時点で聴き放題対象のオーディオブックの一例です。

月額750円で聴き放題!今なら30日間無料!

  • 聴き放題プランは、audiobook.jpのスマートフォンアプリのみで利用可能
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心!

洋書のオーディオブックを聴くならAmazonのAudible(オーディブル)

では英語音声のオーディオブックを6万冊以上取り扱っていだけでなく、英語以外の言語にも対応。洋書を聴くならAudible一択と言えます。

では「洋書」というカテゴリーが無く、「語学」の中でラダーシリーズ(易しい英語に編集された)本が数冊提供されています。

Amazonのならオーディオブックが1冊無料でもらえる!

  • 30日間無料で体験できます(退会方法はこちらを参照)
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心!

洋書を聴くならアメリカのAudible

サービスプラン特徴
1種類月額1,500円のプランのみ。毎月支払い。
5種類7.95ドルで聴き放題のプランあり1年分まとめて支払うと割安。1冊9ドルで購入できるようになるプランあり。
2021年3月15日時点

2020年8月から、アメリカではKindle Unlimitedのように1万冊以上ものオーディオブックが聴き放題になりました。これは日本のAudibleにはないサービスです。

【無料】動画/音楽配信サービスを応用!SpotifyとYouTubeでも聴く読書は楽しめる

SpotifyとYouTubeでもオーディオブックが聴ける

オーディオブックの数は少ないですが、音楽配信サービスのSpotifyでも朗読コンテンツを無料で聴くことができます。

YouTubeでも、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』や宮沢賢治の作品を日本語と英語の両方で楽しめたり、著名人による英語絵本の朗読動画が配信されています。

詳細記事:【日本の昔話・名作】無料で英語の読み聞かせができる!YouTube動画とKindle本5選
詳細記事:【YouTube】英語で絵本の読み聞かせ!子供も大人も楽しく英語学習できる動画5選

  • Amazonのなら好きなオーディオブックとボーナスタイトルの計2冊が毎月もらえる
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心
  • Amazonのなら好きなオーディオブックとボーナスタイトルの計2冊が毎月もらえる
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心
もくじ
閉じる