【ハリーポッターの原書で英語学習】本を読むのが難しいときの対処法

『ハリー・ポッター』は児童書なので「原書も簡単に読めそう」と思われるかもしれないですが、ファンタジー系の児童書はビジネス書より英語の難易度が高いです。

特にハリーポッターの洋書のレベルは高くて、英検1級・TOEIC950点を超えた今でも原書を読むのは難しいと感じています。

それでも「英語でハリポタの世界を楽しみたい!」と長年、試行錯誤してきて気づいたハリーポッターを英語で読むのが難しい理由とハリポタの世界を楽しみながら英語を学ぶ方法を紹介します。

筆者:Shoko 

TOEICリスニング満点・英検1級の元英会話講師。2012年からAmazonのを愛用。楽しみながら毎日英語に触れることを10年継続して「翻訳・通訳を仕事にする」という夢を叶えました。

もくじ

ハリーポッターの原書を読むのが難しい理由

ハリーポッターは登場人物が多い

ハリーポッターは、他のファンタジーの本と比べても、登場人物が非常に多いです。(主要人物が40人はいるような…)

英語に限った話ではありませんが、同じ人物に対して、正式名以外の呼び方も複数あるので、登場人物を把握するだけでも一苦労だと思います。

何より、同じ苗字の登場人物がたくさん登場するのが厄介。

「マルフォイ」と文字で読んで、子供の方か父親の方か判断するのは文脈上、簡単。

  • Draco Lucius Malfoy(マルフォイ)
  • Lucius Malfoy(マルフォイの父親)

でも、ウィーズリー家はロン、双子の兄、妹がホグワーツに通っているだけでなく、成人している兄がさらに3人いて、父親と母親も登場します。

ふくろう等のペットや蜘蛛、亡霊にまで名前があることも忘れてはいけません。

そんな中、登場人物/生物の個性を引き立てる形容詞や、話し方を特徴づける単語が多数使用されています。

固有名詞を把握するのに精いっぱい…という方には、泣き出したマンドレイクが、ヒトなのか植物なのかと混乱してしまうでしょう。

ハリーポッター独自の単語が多い

英検や大学受験、TOEIC対策を中心に英語学習してきた人には「初見」となるファンタジー独特の単語が頻出します。

絵本や、短編童話などで免疫をつけておかないと、見慣れない単語が多くて嫌になってしまう可能性が高いです。

ハリーポッターを英語で楽しむ方法4選

ここまで「初心者さんには難しい」と書きましたが、「読破できなくても良い!」と思って挑戦するのも英語学習の楽しさだと思います。

私自身がそうですが、好きな本や内容がおもしろければ難しくても読めてしまったりします。

そうは言っても、すでに原書を手に取ってみて「これはちょっとキツイ」と感じたことがある人も多いはず。

そんな方に試してほしい対処法は以下4つ。

  1. Kindleの辞書機能を使いながら電子書籍を読む
  2. オーディオブックで聴く
  3. JKローリング著『吟遊詩人ビードルの物語』から挑戦する
  4. 日本語の解説本を読む

ここからは、これらの対処法がおすすめな理由と具体的な楽しみ方を紹介していきます。

① Kindleの辞書機能を使いながら電子書籍を読む

Harry potter kindle in motion

電子書籍(Kindle)は、分からない単語を選択するだけで、意味が表示されるのでとっても便利。

Kindleタブレットだけでなく、携帯アプリからも読むことができますよ。

紙の本だと「わからないけど、調べなくてもいいや」とスルーしてしまう単語も、Kindleだと「とりあえず見ておこ」と確認するので、英語学習との相性は抜群。

Word Wise使用画面

Word Wiseの機能を使えば、単語のヒントが表示されるので、自分で単語を選択して調べなくても、本を読み進めていくことができるのもKindle版のメリット!

1巻:Kindle in Motionの動く絵本版がKindle Unlimited対象

Harry Potter and the Philosopher’s Stone: Illustrated [Kindle in Motion] 

Kindle in Motionは文中の挿絵が動きます。これが本当にかわいくて、読み進めるモチベーションも上がります。

このMotion版は、なんとKindle Unlimitedの読み放題対象♡

2~7巻:通常版がKindle Unlimitedの読み放題対象


通常のKindle版1巻は有料(1,060円)。2巻以降はKindle Unlimited読み放題の対象!

月額980円で読み放題なので、購入するより安くハリーポッターに挑戦できます。

Kinde Unlimitedを使ったことが無い方は、30日間無料で試せます♡

月額980円で洋書120万冊以上が読み放題

② オーディオブックで聴く

ハリー・ポッターステーションの英語ファイル

洋書は、読むより聴く方が難易度が低いです。

特に、内容をしっている本であれば、無理に活字を読まなくても、音声で世界観やストーリーが十分に楽しめます。



Amazonのならオーディオブックが1冊無料でもらえる!

  • 30日間無料で体験できます(退会方法はこちらを参照)
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心!

Amazonのなら好きなオーディオブックが1冊無料

  • 30日間無料で体験できます(退会方法はこちらの記事を参照)
  • 体験後は申込日を基準に毎月契約を更新していくので、いつ申込みしても損しないシステムで安心!

③ JKローリング著『吟遊詩人ビードルの物語』から挑戦する

my audiobook - the tales of beedle the bard

ハリポタのオーディオブックが難しい、最後まで聴けそうにない…と感じた方に挑戦していただきたいのは、JKローリング著『吟遊詩人ビードルの物語』

ハリーポッターに関連する単語が頻出するので、ハリーポッター系の語彙に免疫を付ける意味でも、洋書初心者さんにはビードルの物語から手に取ってほしい!

短編の5作が収録されており、1つのストーリーは数分。

「1つの物語が英語で楽しめた!」という成功体験を積むのにもぴったりの作品です。

④ 日本語の解説本を読む

辞書を開いても解決しないような、ハグリッドやルーナの話し方の特徴(訛り)や魔法の呪文は、解説本を読むことで理解が深まるはず。

英語学習として英語字幕で映画を見るのもおすすめ

ハリポターの書籍を手に取るのはまだ早いかも…と感じた方は、映画を楽しむのがおすすめ♡

英語字幕で映画見ることで、頻出単語の発音とスペルを同時に知ることができるので、短時間で効果的に(ハリポタに特化した)語彙力を強化することができますよ。

ハリーポッターを英語で楽しみたい方におすすめの記事

もくじ
閉じる